2009年07月13日

心の洗濯@TOKIO

キャンプ場からの景色

学生時代、私にもかわいい後輩(ほぼ、みはるさんの)がいたが、卒業以来疎遠になってしまっていた
気にはなっていたが連絡をとる術を失くしていたため、悲しい思いを募らせていた
そんな中、ダメもとでグーグル先生に聞いてみたら、なんとブログがヒットしたのである
ブログの無限の可能性に感謝して、あっさりと七年ぶりに再会することができた
彼女達には神秘なモノを感じたり、見たりする能力が備わっており、先輩なのに悩みを打ち明けてみた
話していくことで心がスッーと軽くなっていく感覚を味わい、これを書いている今では
まるで、心ここに在らず状態で、ふわふわしているかのように軽い

その要因のもう一つとして、昨日は突撃!野営をしてしまったのもあると思う
先週ある映画の新劇場版:破を観て、感動なのか、なんや分らないもんに圧倒された
27年間生きてきた中で、エンディングの後、拍手喝采に包まれた映画を始めて観た
話が飛んでしまって申し訳ないが、昨日は心を浄化するために野営して、二回目を見に行こうと思い立った
それで先週から傷ついているような?感じのガンさんを誘ってみた(野営を)

そうすると彼は、反省をするから一人で山に入ってキャンプをすると言っている
私は近場で野営をしようと思っていたが、折角なので反省の場を覗きに行ってみることにした

(あと、また「近いよ」と言われてホイホイ乗せられたが、近くはなかった)

キャンプ場

そんなこんなで、東京都の中とは到底思えない素敵な場所に導かれ、先客は一組だけしかいない
なんとも秘境めいたキャンプ場に到着した
その後先客は引き揚げ、私達だけの野営大会になった

野営セット

今回はガンさんが七輪を投入して、焼物と、昨年私の好きな鍋ランキングに大きな変動を与えた
キムチ鍋のダブルのご馳走を同時に味わえることになった

七輪で焼く
キムチ鍋

バーベキューももちろん好きだが、バイクに最低限の荷物を積んでひっそりと食事を堪能する
なんとも男のブルースな味が出ていて病みつきになってしまう

たっぷりと自然からエネルギーを貰い、今しか見られない自然からのプレゼントを貰い
真っ暗な山の中に、本当に一人しかいない状態でハゲを残して退散した


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

posted by masayan at 13:26 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 県道’s | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え、がんさん山に置き去りにしてきたの?半端ねぇな〜
Posted by ブッキー at 2009年07月13日 22:06
いや、彼は進んで山に残ったんだよ!!
むしろそれが今回の目的だったから
私達が帰る時、これから一人になれて「オラ、ワクワクすっぞ」って言ってたぐらいですもん
Posted by masa at 2009年07月13日 23:39
ちなみにまだ山にいます
最高です
Posted by ガン野郎 at 2009年07月15日 17:53
反省してないようなら帰ってこなくてよしっ!
Posted by masa at 2009年07月15日 20:28
今度群馬のメロディロードに行ってみてください。
50キロで走ると夏の思い出(?)に浸れるらしいっす。
後その付近に東洋のナイアガラがあるらしいっす。
ちなみに僕はいったことないっす。
僕は昔、彼女に本名ググられて秘密日記がバレて白目になったので猛省しました。
Posted by まささんぱねぇっす! at 2009年08月05日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123404591
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。