2009年07月13日

心の洗濯@TOKIO

キャンプ場からの景色

学生時代、私にもかわいい後輩(ほぼ、みはるさんの)がいたが、卒業以来疎遠になってしまっていた
気にはなっていたが連絡をとる術を失くしていたため、悲しい思いを募らせていた
そんな中、ダメもとでグーグル先生に聞いてみたら、なんとブログがヒットしたのである
ブログの無限の可能性に感謝して、あっさりと七年ぶりに再会することができた
彼女達には神秘なモノを感じたり、見たりする能力が備わっており、先輩なのに悩みを打ち明けてみた
話していくことで心がスッーと軽くなっていく感覚を味わい、これを書いている今では
まるで、心ここに在らず状態で、ふわふわしているかのように軽い

その要因のもう一つとして、昨日は突撃!野営をしてしまったのもあると思う
先週ある映画の新劇場版:破を観て、感動なのか、なんや分らないもんに圧倒された
27年間生きてきた中で、エンディングの後、拍手喝采に包まれた映画を始めて観た
話が飛んでしまって申し訳ないが、昨日は心を浄化するために野営して、二回目を見に行こうと思い立った
それで先週から傷ついているような?感じのガンさんを誘ってみた(野営を)

そうすると彼は、反省をするから一人で山に入ってキャンプをすると言っている
私は近場で野営をしようと思っていたが、折角なので反省の場を覗きに行ってみることにした

(あと、また「近いよ」と言われてホイホイ乗せられたが、近くはなかった)

キャンプ場

そんなこんなで、東京都の中とは到底思えない素敵な場所に導かれ、先客は一組だけしかいない
なんとも秘境めいたキャンプ場に到着した
その後先客は引き揚げ、私達だけの野営大会になった

野営セット

今回はガンさんが七輪を投入して、焼物と、昨年私の好きな鍋ランキングに大きな変動を与えた
キムチ鍋のダブルのご馳走を同時に味わえることになった

七輪で焼く
キムチ鍋

バーベキューももちろん好きだが、バイクに最低限の荷物を積んでひっそりと食事を堪能する
なんとも男のブルースな味が出ていて病みつきになってしまう

たっぷりと自然からエネルギーを貰い、今しか見られない自然からのプレゼントを貰い
真っ暗な山の中に、本当に一人しかいない状態でハゲを残して退散した


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

posted by masayan at 13:26 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 県道’s | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

7.5 ハゲの乱

最後のツーショット

長くて暗いトンネルを越え、傾斜がある駐車場(フラグ)で休憩タイムになる
そこで、この度がんさんが県道'sシャツを要らないのに作成してくれ
誕生日プレゼントとして贈呈式が行われた
私はうれしはずかしながらそのシャツを着て、まるで初めての朝を二人で迎えたように
ハニカミながら、今後の更なる発展を記念して幸せの絶頂の中、やまやんに撮影してもらった
上の写真が一枚目の写真になるが、いつもはナイスなフォトに仕上げてくれるLUMIXだが
アンダー(暗め)気味なカットになってしまった
そこで、フラッシュをたいてもう一枚撮ることになったが、やまやんの「あ゛っ〜〜〜〜!!!」
と言う声が山にこだました
なんのこっちゃ?と振り返ると、そこに立っている筈のFZ1がもう倒れ始め
隣に止まっていたFXRに寄りかかるように倒れこんでいた
その拍子でガードレールにもたれるようにFXRも倒れ、三人の時が止まった・・・・・・


しばらくの間は、なんとも静かで虚しい時間に包まれた
お互い軽症で済んだのは不幸中の幸いと言うのか、しかし今回の当事者になってしまった
がんさん(ハゲ)には辛い出来事だったと思う(まあ、もう気にしてないと言っていた)
そしてここに『7.5 ハゲ(ホントは実名入るよ)の乱』が歴史に刻まれたのである

あの頃に戻りたい

その後、傷が付いた箇所を確認して、やまやんの歪んでしまったウインカーを処置して
傷付いていないフリをして(心的な意味)下山していった
折れてしまったメンタル(特にがんさん)を取戻す為、おいしい食事を求めて道の駅に立寄るが
何処もランチタイムを終了していて閉店していた
こういう時は嫌な流れが続くもので、結局夕方までご飯にはありつけなかった

走った道はとても素晴らしかったし、終始楽しめたので、付いてしまった傷はアソコにしまって
また次回も行きましょう〜

負傷箇所


この日の帰り道、子供二人いるやまやん家の洗濯機が壊れるという不幸な知らせが届く・・・


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
posted by masayan at 12:51 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 県道’s | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

県道's 最終章

秩父方面の景色

ガラにもなく27歳を迎えてしまい、30歳の入口が見えてきたので
梅雨が中だるみしている日曜に、県道'sツーリングに出かけてきた(なんのこっちゃ)
私とがんがん(のちにハゲと呼ぶ)と今回はやまやんも参加しての3人でのツーリングになった
いつしか二人で行く県道'sになっていたので、この三人でツーリングに出かけるのは初めてだ
今回、やまやんを誘うことができてうれしい限りだ(あんなことがなければ・・・)

今回のご機嫌ルートは、中央道を勝沼で降り、山梨と埼玉を結ぶ国道140号線を使い
念願だった雁坂トンネルを通って埼玉入りし、その後秩父の県道を堪能するといったものだ

クロックスでバイクに乗っていることに気がつき、引き返してブーツに履き替えてきた為
やまやんが、一時間遅刻したこと以外は順調な滑り出しで、いいペースで140号を登って行く
国道だけあって、わりと広めの路面が綺麗に整備され、走っていてとても気持ちがよかった
その後埼玉県に入り、県道210号を通って日窒鉱山を眺めながら一つ目の心配と戦っていた
日窒鉱山

えっ!?ガソリンこれしかないの?
どうやら、やまやんのFXRのガソリンが大分心細くなっているようで、二人して確認させてもらった
私達はそのあまりのチョロチョロ具合に、これから続く峠道に本人よりも心配になった事だ
その後、今流行りのエコ運転に切替えてもらい、先に進むことにした
このルートには、何個も暗くてじっとりと口を開いているトンネルがあった
それに加えて路面も濡れているので、きっと何かいるに違いない雰囲気はバッチリだった
一人で、まして夜には確実に引き返すようなものばかりであった

恐いトンネル

このトンネルを越え休憩を摂ることになったが、そこで待っていたのは
県道'sを揺るがす大事件だった・・・


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
posted by masayan at 18:56 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 県道’s | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

【FZ1】リムストライプテープを貼ってみる

購入してから特にカスタムらしい事はしてきていないが(もう手が施されていた為)
なんか変化をつけようと思いリムストライプテープを貼ってみた
ちなみに私は6mm幅の物を選んだ

埼玉を代表する不器用さで有名な私なので、今回は母親に手伝ってもらった
近所の変な目もなんのその、二人で仲良く作業を進め、30分程度で完成した
片面4枚に別れたテープを溝に沿って、各テープを重ねながら貼っていくので
多少の歪みはご愛嬌で出てしまうが、満足いく仕上がりになったと思う
ただ、私としては施工前のシックな感じの方が好みかもしれない

テープ貼る前
テープ貼った後

購入当時から何故か日に日にタンクに身に覚えのない傷が増えてきている
よく観察すると爪で引っ掻いたような細かい擦り傷と、ご丁寧に毛まで付着していた
私はこの仕業を近所の住民のせいではなく、ネコのせいだと思うことにした
ネコアレルギーだが、ネコは好きだったので残念で仕方がない
これからはバイクの周りに全力でペットボトルを置こうと思う(うそ)


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
posted by masayan at 11:22 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | 俺の(F)Z1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

GW、伊勢神宮 内宮

5日、伊勢に来た事をまるで歓迎してくれるように朝から雨が降った
テントを打つ雨音で目覚め、テントの防水性を確認しながらそそくさと撤収する
前日にスペイン村のチケットを頂いたので向うことにした
ホテルにあるひまわりの湯という展望が気持ちいい温泉につかり、パークにも行ってみる
しかし、風も出てきて雨も強まってきたので、乗り物に乗ることもなく足早に園内を見て退散した
折角の機会だったのにおしいことをしてしまい後ろ髪をひかれる思いで伊勢神宮 内宮へと向う

パールロードというナイスな道を使い鳥羽を通りながら、伊勢志摩スカイラインに入って行く
この道達は天気が良ければ最高に気持ちいい道だろうなと思った
ここだけは某動画サイトの車載動画シリーズを見ていただけに残念だった
霧が立ちこめていてはいくら私でも存分に楽しむと言うわけにはいかないのだ

宇治橋

そんなこんなで五十鈴川に架かる宇治橋を渡り神聖な森へと入っていく
つもりだったが、20年に一度行われる式年遷宮の為、橋は架け替え工事を行っており
仮橋を渡って明らかに俗世間とは一線引かれている世界に入っていく
架け替えは中々見れるものではないのである意味ラッキーだったかもしれない
志摩在住の友人の話によると、内宮に奉られている天照大御神(あまてらすおおみかみ)は
女性のため、カップルで行くと嫉妬心を抱くという言い伝えがあるらしい
そこで鳥居は両者離れて鳥居の外側を通ると良いということだったので実行した
(しかし、私達以外は誰もしていなかった)

そうして境内を進んで行くと御正宮が現れる
御正宮 階段から

写真撮影はここまでになっており、近くに寄っての写真を撮れないのが残念だ

御正宮 横から

今まで見てきた神社とは明らか過ぎるほど格式が高く、お願いをするというより
ただ祈るというほうがここではあっているのではないかな
こうして念願のお伊勢参りは終わっていくのである


この日の夜まで雨は降り続き、何かとビショ濡れだったのでビジネスホテルに避難した
しかし夕食は部屋で自炊をすることになった(もちろん自分達の装備だけで)
照明も自分達の物だけを点け、カッとなって本格的に部屋でアウトドアをしてみた(後悔はしてない)


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
posted by masayan at 13:44 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

GW、志摩に会いに行く

英虞湾

伊勢神宮 外宮より県道32号というイカした県道を使い、18歳の時に岡山の合宿(車&中型バイク免許)で
知り合った友人の住む志摩に向う
19歳の時に名古屋でお世話になって以来の対面となるがとても暖かく迎えて貰え
地方の方の優しさの触れて、こちらも暖かい気持ちになれた
と、思っていたらこの時には会えなかった別の友人が今月末に結婚するということで
サプライズ動画を撮っている最中だったので、私も飛び入りで参加する形となり
ラグビー部の一員のおっさんとしてチョコチョコと映ることになり
まさかの私の登場を見た本人の反応が楽しみでしかたないのである

結婚式用撮影

丁度いい事に英虞湾が一望出来るともやま公園で撮影を行っており、観光と共に楽しめる事が出来た
更に偶然にもこの公園内にはキャンプ場もあり、この日の寝床も無事決まってしまった
前日の教訓を生かす為に早めにテントを設営して、夜のバーベキューに向おうとするが
前日に骨折してしまったポール君の処置で時間を取られてしまった
テープと添え木で突き指を処置するようにしてみるが、全く効果が得られずドームが作れない
あ〜でもないこ〜でもないと考えた結果、折れた部分を割ってしまうことにした
少し窮屈になってしまったがポール君はしっかりとアーチを作り無事に設営できた

ちなみに帰ってきた後LOGOSに連絡したら、保障の範囲で治るということで
早速お願いして、すでに修理は完了して戻ってきている
こちらの悪い所が多くを締めていたのはココだけの秘密にして←パクリ、誠実に対応して頂き
これからもLOGOS製品を使っていこうと決めたのである

その後U字ブロックにアミを乗せて焼くというワイルドなバーベキューで
松坂牛(友人談)やサザエも登場して、とてもおいしいバーベキューをご馳走になってしまった

バーベキュー


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
posted by masayan at 17:29 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

バイク汚しに行こうぜ!

昨今ではすっかり活動らしいものをしていなかったTEAM 大浅草
そもそもどういった目的で集まったのかも判らないようなグループだ
ただバイクが好きという理由から始まって、今では色々な方向に枝別れしていってしまっている
ここ最近バイクを買い換える者がいたり、数年眠っていたバイクを復活させた者がいたりで何かと騒がしい

昨日はTEAM 大浅草のゴットファーザー、おいたんの主催で久しぶりにツーリングに出掛けた
予報では雨の一日、年齢や車種はバラバラの7台で行く予定だったが、二人不参加になってしまい
多少の雨ぐらいではツーリングに出てしまう前向きな5台でのツーリングになった
BMW GS、R1200R、ハーレー2台、そして私のFZ1といった統一感はないが豪華な顔ぶれだ
要はバイクで走ることが好きな事(ここ重要)が共通しているので全くもって問題ない

談合坂

山中湖周辺を走るワインディングや林道(途中ダート区間あり)のコースで
降ったり止んだりの天気、濡れたり乾いたりの路面だったが、晴れの日とまた違った表情が覗いて
そんな景色も十分に楽しめた

おいたんの「バイク汚しに行こうぜ!」がとても胸に残った
数々の経験をしているおいたんから教えて貰えることは
バイクに乗る事と人生が繋がっていることを改めて感じさせてくれた

林道中


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村



posted by masayan at 11:57 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

GW、伊勢神宮 外宮

明けて朝、公園の遊具かのように私達のテントの周りをグルグル周る子供達の足音で目覚め
なんとも清々しい朝を迎えることが出来た
辺りを見渡すとファミリー用の立派な大きいテントが立っていて、ツーリングテントは少しだった
お山みたいな我家を周る気持ちも分らなくはないが、もう少し遠慮して欲しかったな

朝になってみると海沿いに位置する綺麗な場所であることに気づき、その場でゆっくりと朝食を摂り
伊勢に向うべくテントを撤収している時にあの問題に気がついた
それはフレームさんがテント天辺部分で、ここがパリならロンドンの方向を向いてしまって
今にもスリーブを突き破ろうとしてがんばっていた
見てみるとセクション先端から3cmぐらいポッキリ折れてしまっていた
なるべく冷静なフリをしてそんなに気にしないで、テープでも貼って補修すればいいかなと考えたが
この日の夜、再びテントを設営する時にややこしい事に巻き込まれてしまった

そんなこんなで伊勢に向かい、内宮と外宮の二つからなる神宮を時間もたっぷりあることだし
順序としても外宮から参ると良いということなので、外宮から参拝することにした

外宮 鳥居

付近は住宅街で囲まれていてわりと町っぽい場所だが、参道から鳥居奥は森が広がっていた
鳥居をくぐって進むと、こういった場所特有の張詰めた空気に包まれていた
どこか明治神宮と似たような境内で、厳格な雰囲気だった

正宮 見上げ

外宮 正宮

奥に進んでいくとパワースポットの目印のように太いスギの木が生えていて御正殿が見える(屋根だけ)
が、写真撮影はここまでになっていて正宮の鳥居より中では撮影禁止になっていた
門が閉められ御正殿は直接見ることは出来なかったが、格式の高さが伺えるところでありました

伊勢うどん

参拝を終え伊勢うどんを食べた
私にはあまり好きになれない感じで、期待大だったので残念な思いをした
(好きな人、ごめんなさい)


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


posted by masayan at 13:03 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

GW、一日掛かりで三重に入る

名港トリトン

私達にとってのご馳走をたいらげ昼寝を取り再び出発する
名古屋南ICから伊勢湾岸道路を使って進むが、名港トリトンのスケールの大きさに
ビツクリしっぱなしだった
こんなにすんばらしい橋が架かっていて、更に名古屋港には数々の工場が立ち並んでいるので
高速中(高速道に乗っている事)なのを忘れて、出来る限り景色を眺めていた

名古屋港

名古屋港を周ることだけで素晴らしい旅になること間違いなしなしなので
またの機会に是非立寄りたいと心に決めて進んでいくのである(今度はバイクで)

PM5:00、ようやく津まで来て、この日は運が良いのか悪いことにmotoGPのスペインGPがあり
みはる嬢は生で見たいとおっしゃったのでテントサイトも決めずじまいでマンガ喫茶にしけこんだ
ここで一通りレースを観戦して、近くの温泉に入り疲れを癒し真っ暗の中キャンプ場を探した
最悪、車中泊も考えたが、幸いにも温泉もキャンプ場(無料)も近くにあったので
苦労なく夜を過ごすことが出来た(これもツーリングマップルさんのおかげ)
ただ、寝静まったテントサイトでヒソヒソとテントを設営するのは気がいい感じで引けた
この後ポールがあんなことになるなんて、その場にいた全員が思っていなかった(二人だけど)←パクリ

と、いった感じで全くの行き当たりばったりな一日目が終了して行くのでありました


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



posted by masayan at 13:21 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

GW、東名高速にハマる

2日に忘れ物がないように準備をして夜に仮眠をとり、明けて3日深夜3:00に出発した
深夜だというのに道路には車が多く、考えている事はみんな一緒なんだなと思った
この時点で心配していた渋滞は神奈川まではなく、この間に静岡までは入りたいと車を走らす
走ること3時間ぐらいか、やや遅いペースながらも順調な滑りだしだ
一度休憩をとろうと思い試みるがSAは予想よりも混雑していた
深夜から走っている人が多い為か、車中で仮眠をとっている人で各SAは満杯だった
富士川SAを断念して日本坂PAで休憩と朝食をとり、渋滞情報をチェックする
AM6:00、静岡県の所々ですでに渋滞が発生しており
その距離はポイント毎に20km近くあったのでないかと思う
このまま渋滞に入って行くのは、せっかくの旅が台無しになってしまうと考えた我々は菊川で下りた
渋滞区間は避けるように下道を選らんで、浜松までは行こうと思っていた

ここからは国道1号線を使うことになる、ツーリングマップルさんに聞いてみるが全くもっていい道がない
かつて国道1号線をひたすら走り大阪まで行ったが、走っている時景色からの感動は薄かった
浜名湖まで行き三ヶ日ICから再び東名を使うが渋滞が酷いので一区間で諦めることになる
ETC割引の恩恵を受けていないが、十分お得感を味わっているので気にしないことにした
今度は国道23号線を使い、もう名古屋まで目指すことを決めた
この道は幸手という場所からバイバスになっており、非情に快適だった
このままグイグイ行けそうだったが休憩も必要なので道の駅デンパーク安城に立ち寄る
随分立派な道の駅だなと感心して中に入ろうとすると、なんとデンパークは立派に入園料をとるのでやめた
どうやら道の駅とは別物らしいので、おいしそうな野菜達がいたので昼ご飯の材料を調達した

初野営
PM1:00、名古屋市にようやく入りひつまぶしを華麗にスルーして昼食を食べるではなく作ることにした
私達(作ったのはみはる)の記念すべき第1回野営料理はジャガが入っていないポトフとなった

初野営料理

今回の旅ではデンパークで買った野菜が活躍してくれ、地の物は頂く機会が少なかったが
外で食べることのおいしさや幸せを噛締められて十分だった              つづく


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
posted by masayan at 10:32 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。